市の防災対策


ページID1003238  更新日 令和6年2月20日


市では、万一の災害に備え、市民の皆さんが安心して暮らせるよう次のような防災対策を行っています。

本市の主な備蓄品について

 避難所において緊急に必要となる物資のうち、発災当初から必要となる物資や調達が困難になる物資、避難者の生命・安全を守るために必要不可欠な物資については、地区市民センターや優先開設避難所など83か所の避難所等に備蓄しているほか、防災備蓄庫に保管しています。

 長期保存・保管が困難な物資等については、民間事業所等との災害時協定を活用し、調達します。

 

災害監視カメラの設置

万一災害が起きたとき、被害状況をいち早く知ることはとても重要です。
そのため、市役所屋上に2台、清原体育館屋上に2台の高所監視カメラを設置し、市内のほぼ全域を昼夜監視しています。
 

災害時協定

神奈川県海老名市と災害時相互応援協定を締結しました(令和6年1月30日)

災害時に迅速かつ的確な応急対策や災害復旧が実施できるよう、他の自治体や民間事業者等と災害時協定を結んでいます。

(1)概要
 大規模災害により協定市が被災した場合に、迅速かつ円滑な応急復旧活動を相互に支援するための災害時相互応援協定を神奈川県海老名市と締結しました。

(2)主な内容
 ・食料、飲料水、生活必需品、資機材等の提供
 ・救援、医療、防疫及び応急復旧活動に必要な職員の派遣
 ・被災者を一時的に収容するための施設の提供
 ・被災状況から緊急に応援が必要であると認められる場合の自主的な判断による被災市への応援活動
 ・平時からの交流促進

[画像]協定締結式の様子(82.1KB)

災害時協定の締結状況

令和6年1月30日現在、市では114の災害時協定を結んでいます。協定内容は次のとおりです。

飲料水の確保

広域避難場所である八幡山公園、駅東公園、宮原運動公園、県体育館、中央卸売市場、県中央公園の中に百トン型の耐震性貯水槽を設置し、飲料水と消火用水を確保しています。

災害用井戸

災害時には、「自分たちの地域は自分たちで守る」という共助の精神が重要であることから、災害応急対策として、屋外での清掃やトイレの排水等に使用できる生活用水を補完するため、既存の井戸を有効活用する「災害用井戸」を市街化区域内に90ヶ所指定しており、市から要請がなくても所有者の判断により自主的に井戸を開放していただくこととしております。

災害用井戸の指定を希望される方

添付の「(様式第1号)災害用井戸申請書」に必要事項を記入し、宇都宮市危機管理課までご提出ください。


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


行政経営部 危機管理課
電話番号:028-632-2052


[
0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Utsunomiya City, All Rights Reserved.