警戒レベルによる避難情報の発信を始めます


ページID1020787  更新日 令和1年5月30日


避難勧告に関するガイドラインの改定

「平成30年7月豪雨」では、気象庁は大雨特別警報等の緊急会見を行い、各市町村も避難勧告等を発令するなど、住民の避難行動を促す情報が多数出されましたが、避難せず自宅にとどまったため、多くの尊い命が失われました。
このことから、内閣府は平成31年3月に「避難勧告等に関するガイドライン」を改定し、住民が情報の意味を直感的に理解できるよう、避難情報を5段階の警戒レベルでお知らせすることとなりました。

警戒レベルを用いた避難勧告等の発令について

住民のみなさんが、情報の意味を直感的に理解できるよう、防災情報を5段階の警戒レベルにより提供し、とるべき行動の対応が明確化されました。

警戒レベル

とるべき行動

避難情報等

警戒レベル5

すでに災害が発生している状況です。

命を守るための最善の行動をとりましょう。

災害発生情報

(注意)災害が実際に発生していることを把握した場合に、可能な範囲で発令

(宇都宮市が発令)

警戒レベル4

(全員避難)

速やかに避難先へ避難しましょう。

公的な避難場所までの移動が危険と思われる場合は、近くの安全な場所や、自宅内のより安全な場所に避難しましょう。

避難勧告

避難指示(緊急)

(注意)地域の状況に応じて緊急的または重ねて避難を促す場合等に発令

(宇都宮市が発令)

警戒レベル3

(高齢者等は避難)

避難に時間を要する人(ご高齢の方、障がいのある方、乳幼児等)とその支援者は避難は避難をしましょう。

その他の人は、避難の準備を整えましょう。

避難準備・高齢者等避難開始

(宇都宮市が発令)

警戒レベル2 避難に備え、ハザードマップ等により、自らの避難行動を確認しましょう。

洪水注意報、大雨注意報等

(気象庁が発表)

警戒レベル1 災害への心構えを高めましょう。

早期注意情報

(気象庁が発表)

 

国や県の出す防災気象情報について

住民が自主的に避難行動をとる際の参考となるように気象庁や国土交通省等が発表する情報です。
「警戒レベル相当情報」として、5段階で発表されます。

市では様々な情報をもとに、避難情報を発令する判断を行っています。
必ずしも防災気象情報と同じレベルの避難情報が、同時に発令されるわけではありません。
これらの防災気象情報も参考にし、自らの命は自ら守る意識をもって、適切な避難行動をとるようにしましょう。


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


行政経営部 危機管理課
電話番号:028-632-2052


[
0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Utsunomiya City, All Rights Reserved.