ハザードマップ(洪水)


ページID1023319  更新日 令和5年9月8日


近年、各地で大規模な洪水や土砂災害により甚大な被害が発生しています。
もしもの時に備え、ハザードマップで危険箇所や浸水想定区域、避難所を再度確認しましょう。

ハザードマップには「洪水ハザードマップ」・「土砂災害ハザードマップ」・「ため池ハザードマップ」・「内水ハザードマップ」があります。下記をご確認ください。

ハザードマップとは

 宇都宮市では、台風や集中豪雨などによる大規模な洪水や土砂災害の危険性が増加した場合に、被害が発生する地域や被害の程度を予想し、市民の皆さんに速やかに安全な場所に避難していただき、被害を最小限に抑えることを目的として、避難や事前準備に関する情報をまとめたハザードマップを作成しています。
 ハザードマップには「洪水ハザードマップ」・「土砂災害ハザードマップ」・「ため池ハザードマップ」・「内水ハザードマップ」があります。 

 もしもの災害に備え、このハザードマップを活用し、避難する場所や避難時の心得、災害の備えなど、日頃からご家族の皆さんや地域の皆さんで話し合い、確認しましょう。

洪水ハザードマップ

 洪水ハザードマップは、水防法に基づき、国【一級河川鬼怒川】や栃木県【一級河川7河川】が、想定しうる最大規模の降雨によって被害が想定される範囲として公表した浸水想定区域図と現況図と重ね合わせる形で作成しました。

(注意)7河川・・・田川・姿川・釜川・武子川・赤堀川・新川・江川

 作成しているハザードマップは以下でご覧になれます。

また、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」でも調べることが出来ます。
 

(注意)洪水ハザードマップは、ホームページからダウンロードしていただくほか、河川課(市役所8階)の窓口で配布しております。
また、地区市民センターの窓口でも地域別に配布しておりますが、在庫に限りがある場合がありますのでご了承ください。

国・栃木県による浸水想定区域図の公表について

 国・栃木県では、水防法に基づき指定河川の浸水想定区域図を作成・公表しています。

 詳しくは以下をご覧ください。

(1)ハザードマップ作成済みの河川

 (2) ハザードマップ未作成の河川

 以下の河川につきましても、今後ハザードマップを作成してまいります。

(注意)浸水想定区域は、あくまでも浸水が想定される区域を明示したもので、もし洪水が発生した場合でも、この図のとおりに浸水するというものではありません。区域外においても浸水や家屋倒壊が発生する場合や、区域内の想定が異なる場合があります。

土砂災害ハザードマップ・ため池ハザードマップ・内水ハザードマップ

その他のハザードマップについては、以下のページをご覧ください。

防災気象情報や避難情報(避難指示等)の伝達・収集方法と避難行動

 防災気象情報や避難情報の伝達・収集方法や避難行動などについて、詳しくは、下記リンクをご覧ください。

参考資料


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


建設部 河川課 河川管理グループ(市役所8階)
電話番号:028-632-2682
ファクス:028-632-5370


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Utsunomiya City, All Rights Reserved.