風水害時に「車両退避場所」を開放します


ページID1027677  更新日 令和3年8月27日


風水害時の「車両退避場所」の開放

「車両退避場所」とは

 台風などの風水害時に、車両を水没による被害から守るため、事前に浸水想定区域等から安全な場所に車両を移動させることができるよう、市有施設や民間事業所の駐車場を「車両退避場所」として開放します。

 

「車両退避場所」の運用について

・ 避難情報の対象となる河川ごとに、「車両退避場所」を開設します。(市が開設を決定していない場合、「車両退避場所」は使用できません。)

・ 開設する「避難所」と「車両退避場所」を、市の登録制防災メールやホームページ、テレビ、ラジオなどにより周知します。

・ 「車両退避場所」は、車両を水没による被害から守るためのものであり、車中泊避難のための場所ではありません。(車両を置いた後は、乗り合いなどにより「避難所」や安全な場所へ避難してください。)

 

「車両退避場所」一覧

河川名 施設名 所在 収容台数 備考
姿川 ろまんちっく村 新里町丙 約1,000台  
田川 スケートセンター 城南3丁目  約100台 城南グラウンドも使用可能
鬼怒川 みずほの自然の森公園 西刑部町  約100台

東駐車場入口及び東側の外周道路は、洪水浸水想定

区域内であるため使用できません。

利用する場合は、必ず西側入口を使用してください。

 ご協力いただく民間事業所については、今後、災害時協定を締結し、「車両退避場所」として使用を開始します。 詳しい情報は、協定を締結後にお知らせします。

 

宇都宮市防災協力事業所

(その他災害時に車両を退避させることが可能な場所)

 人材や物資、避難場所の提供など、協力できる内容をあらかじめ事業者の皆様に登録いただいています。詳しくは関連情報をご覧ください。


関連情報


行政経営部 危機管理課
電話番号:028-632-2052


[
0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Utsunomiya City, All Rights Reserved.