自動交付機(住民票の写し・印鑑登録証明書発行)


ページ番号1003540  更新日 平成30年8月21日


証明書自動交付機とは

 銀行等のATM(現金自動預け払い機)と同じように、専用のカードを入れて暗証番号を入力することで、住民票の写しなどの証明書を受け取ることが出来る機械です。

 自動交付機のご利用にあたっては、事前にうつのみや市民カードを作成し暗証番号を登録することが必要です。

 なお、自動交付機はすでに製造が終了しているため、市内3か所に設置している自動交付機の取扱期間は以下のとおりとなります。

設置場所(施設) 取扱期間
・富屋地区市民センター 平成31(2019)年12月末まで
・市役所正面玄関 平成32(2020)年12月末まで
・雀宮地区市民センター

 

自動交付機の取扱終了後について

 自動交付機の取扱終了後は、マイナンバーカードを使ったコンビニ交付をご利用くださいますよう、お願いいたします。

取得できる証明書と手数料について

(注意)自動交付機で交付する住民票の写しは、一部記載できない項目(マイナンバー、住民票コード、備考欄など)があります。また、転出などによる「除かれた住民票の写し」を交付できないほか、同一世帯に転出等異動処理中の方が含まれる場合などは、交付できませんのでご注意ください。

 (1万円、5千円、2千円札および5円、1円硬貨は使用できません。両替機はありませんので事前に千円札等をご用意ください。)

設置場所と利用時間

設置場所(施設) 利用時間
  • 市役所正面玄関
  • 富屋地区市民センター
  • 雀宮地区市民センター

月曜日から金曜日は午前8時30分から午後8時
土曜日・日曜日、祝休日も同じ

(注意)12月29日から翌年1月3日は休止します。
(注意)システムの都合等により、自動交付機をご利用いただけない場合もございます。
なお、JR宇都宮駅1階、アピタ宇都宮店1階、ベルモール2階、上河内地区市民センター、河内地区市民センターに設置されていた自動交付機は取扱いを終了いたしました。

注意事項

暗証番号の再登録の手続きについて

 暗証番号を、1日に3回、間違えるとその日はご利用できなくなります。さらに合計9回、間違えると暗証番号は無効となり、暗証番号の再登録が必要となります。

(注意)暗証番号の再登録の手続きについては下記リンク参照

カードの取り扱いについて

 カードを傷つけたり、折り曲げたりしないでください。また、高温になる所に放置したり、磁気に近づけたりしないでください。カードの磁気情報の破損・消失、また、わん曲等により自動交付機の利用ができなくなりますのでカードの取り扱いには十分ご注意ください。

自動交付機休止時のお願い

 自動交付機の点検や故障等により、ご利用いただけない場合には、大変ご迷惑をおかけ致しますが、最寄の自動交付機、または窓口で証明書を取得していただきますよう、お願いいたします。マイナンバーカードを使ったコンビニ交付も是非ご利用ください。

(注意)証明書交付手数料は、手数料条例に基づき、窓口交付は300円、自動交付機による交付は200円です。


市民まちづくり部 市民課 証明グループ(市役所1階A-6から8番窓口)
電話番号:028-632-2265
ファクス:028-651-5163


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Utsunomiya City, All Rights Reserved.