紛失(盗難)・損傷してしまったとき


ページID1003563  更新日 平成28年9月16日


 有効なパスポートを紛失(盗難)または焼失したときは、旅券名義人本人が旅券窓口に旅券の紛失等の届出書を提出し、そのパスポートを失効させることができます。紛失等の届出は、代理での提出ができませんのでご注意ください。
 また、新たにパスポートが必要な場合は、紛失の届出と同時に新規申請を行うこともできます。(下記リンク「新規申請」をご確認ください。)

 有効なパスポートを損傷してしまった場合は、本人が事情説明書を窓口で記入してそのパスポートを返納し、新しいパスポートに切り替えることができます。 なお、損傷が激しい場合は、切替でも戸籍謄本(抄本)が必要な場合があります。(下記リンク「切替新規申請」をご確認ください。)

 また、届出の際にはページ下部のお問い合わせに記載されている、宇都宮市パスポートセンターまであらかじめ電話でご連絡ください。

紛失等の届出に必要な書類

紛失一般旅券等届出書(1通)

 申請書は全国共通の様式で、各旅券取扱窓口にのみ配置しています。
 申請書は必ず申請者本人が記入してください。また、申請書は機械で読み取りますので、折ったり汚したりしたものは使用できませんのでご注意ください。

申請者が未成年・成年被後見人・乳幼児・身体障がい者の方
 申請者が未成年や成年被後見人の場合は、裏面の「法定代理人署名」に親権者や後見人の署名が必要です。また、申請者が文字を書くことが困難な場合(乳幼児や身体障がい者の方)は、親権者や後見人が代筆します。

パスポート用写真(1枚)

 宇都宮市パスポートセンターでは証明写真は撮れませんので、あらかじめご用意ください。写真の裏面に氏名を記入して、貼らずにお持ちください。なお、規格に合わない写真は受付できませんので、パスポート用写真の規格をよくご確認のうえ、ご用意ください。

(注意)コンビニエンスストアの多機能コピー機等による証明写真は、パスポート申請用として適しないことがあります。

[画像]パスポート用提出写真の規格 詳細はテキスト(15.9KB)

写真の規格

写真の規格について詳しくは、下記リンク「外務省渡航関連情報 パスポート申請用写真の規格について」や、下記PDFファイル「旅券用提出写真についてのお知らせ」をご確認ください。

本人確認のための書類(1点から2点)

 必ず有効なもの、原本を提示(提出)してください。
 書類の記載内容(氏名、ふりがな、生年月日、現住所等)は、届出書に記入した内容と一致していることが必要です。
 詳しくは、下記リンク「本人確認書類について」をご確認ください。

紛失(盗難)または焼失を証明する書類

申請される方の状況により必要になる書類

 申請される方の状況によって、下記の書類が必要な場合がございますのでご確認ください。

パスポートの紛失等の届出

 パスポートの紛失等の届出をする際、代理での提出ができませんので、必ずご本人が受付時間内に宇都宮市パスポートセンターにお越しください。紛失(焼失)したパスポートの情報を検索する必要がありますので、必ず窓口にお申し出ください。届け出が受理されると「紛失一般旅券等届出書受理票」が交付されます。この手続きでは手数料はかかりません。

注意事項


関連情報


このページには添付ファイルがありますが、携帯端末ではご覧いただけません。
添付ファイルをご覧いただく場合は、パソコン版またはスマートフォン版ホームページをご覧ください。


パスポートセンター
電話番号:028-616-1544
住所:〒320-0026 宇都宮市馬場通り4丁目1-1


[0] トップページ [1] 戻る

Copyright (C) Utsunomiya City, All Rights Reserved.